投稿

人生最後の日 トムP Jr.

  人生最後の日   Tom P. Jr.   もし、医者があなたの治療をあきらめ、自分でどんな対処をしてもうまくいかず、得体のしれない、おそろしい病がどんどん悪化しているとしたら、あなたはどうしますか?      うまくいっている普通の生活とは、このようなものだろう:体がそれなりに健康で、精神的、感情的バランスがとれていて、そこそこ快適な環境があり、家族や友人たちが嫌いではないこと。  こういった状況があると、私たちはそれを当然のことと思う。普通の生活とは、それが当然の権利だという無意識な考えのうえに成り立っている。  もし自分を宗教的な人間だと思うなら、これらの恵みに感謝するかもしれない。だが、私たちの態度というのはたいてい、ファリサイ人のそれのようなものである。つまり、自分がほかの人たちのような状態ではないことについて神に感謝するのだ。感謝の言葉がどんなに立派なものでも、そこには身勝手な態度がはっきり見える。  キリストは普通の生活を拒絶する:普通の生活とは、快適さを追求し、将来のことにばかり心を煩わせ、自己満足だけを重視するものだ。キリストはより高位なものへと私たちを招く:それはすなわち、普通ではない生活だ。  普通の生活のどこが悪いのか?普通ではない生活とは何か?それはどうやるのか?  27 か月前、病院のベッドで寝ていたとき、私はこれらの問い全てに、間違った答えを出していたことに気づいた。私の生き方は、性急に正しい答えを出そうとしていたようだった。   1964 年、私はアルコホリクス・アノニマス( AA )に参加し、飲酒の問題から解放された。大転換だった。私が AA に参加したことで、自分ではどうしても解決できなかったことが、簡単に、苦も無く手に入ったのだ。それは楽しいソブラエティだ。   12 ステップ( AA の回復のプログラム)は私の生活の指針になった。そして第 1 ステップはほかの何にもまして重要だった : 「私たちは、アルコールに対し無力であり、思い通りに生きていけなくなっていたことを認めた」。  飲酒をやめたばかりの不安定な状況で、私はこの敗北を認め、大きな解放感を得た。それは譲歩などではないことを神は知っている。過去数年の私のふるまいからして、私は敗北者であることを、自分でよくわかっ

グレシャムの法則とアルコホリクス・アノニマス その2

  グレシャムの法則とアルコホリクス・アノニマス その2   Tom P. Jr.    年月が経つにつれて、ストロング AA のアプローチと、ウィーク AA のアプローチ(責任回避的で、プログラムを骨抜きにした、逃避・希釈型)、それぞれの受け止められ方が AA のなかで変わっていった。  初期のころは、ウィークな逃避・希釈型 AA メンバーたちは、彼らの異端なやり方を弁護し、褒めなければならないと感じていたし、さらにはストロング AA たちを、やや厳しすぎて、聖人ぶっていると責めたりもしていた。一方、ストロング AA たちはもっと余裕があり、寛容で、騒ぎ立てたりせず、弁解もしなかった。彼らストロング AA のやり方は、より多くの薬を飲む、つまり、より積極的に回復のために行動するというものだったので、結局、明らかに安全だったのだ。そしてそのやり方とは紛れもなく、ビッグブックに当初から書かれている文章のとおりだったのだ。  しかしながら、ストロングとウィークが併存するというこの状況は、他の様々な異端的な考えややり方も許容するということにつながってしまった。その中で一番声が大きかったのはウィーク AA たちだった。そしてこの人たちはニュー・カマーに最も大きな影響を及ぼすようになった。逃避・希釈型 AA は多勢、主流となった。ストロング AA は、常にではないが多くの場合、つまらなくて古くさいやり方とみなされるようになった。  逃避・希釈型 AA たちはある意味、ビルと最初の 100 人の仲間たちは間違っていると証明した。 12 ステップを紹介する文章の中に、以下の文言がある。「もっとやさしい楽なやり方が見つかるかもしれないと考えた。だが見つからなかった」。これは全てのステップをおこなう必要があることを明確に示している。しかし、逃避・希釈型 AA たちは 全てのステップを実践せず、 そして同時に、 ソーバー(断酒)でいられた のだ。彼らはやさしい楽なやり方を 見つけた のだ。人間の本性からすれば、より簡単で弱いやり方が人気を得て、昔ながらのより厳格なやり方は衰退していくのは、当然のことだった。やらなくてもいいのなら、より大変なやり方をしようなどとは誰も思わない。オートマチック車が 100 ドル安く手に入るのに、わざわざマニュアル車を運転しよ

All Addicts Anonymous: English speaking sharing partner for 12 steps work (sponsor) available

If you are looking for an English speaking AAA member, who can help you work on 12 steps, we can do that. Please email us.

ミーティング時間 土曜日9:00-10:00に変更 

AAA日本語グループの定例ミーティングは、2022年7月30日より、 毎週土曜日午前9:00-10:00に変更になりました。 Zoom ID, パスコードには変更ありません。

Strong AAシリーズ その1. グレシャムの法則とアルコホリクス・アノニマス, 1976年, Tom P. Jr. 全訳

訳者注: 本エッセイの英語原文は、北米AAAウェブサイトで販売しています。したがって本サイトには掲載しません。日本語訳は、北米AAAの許可を得て、翻訳・掲載しています。 ビッグブック第5章の表現がどれほど断定的・指示的であるかを正確に理解するには、ビッグブック英語原文を参照してください。 「悪貨は良貨を駆逐する」というグレシャムの法則は、 12 ステップ・プログラムの実践においても当てはまる。プログラムを弱いやり方で実践する人は、強いやり方で実践する人たちを駆逐することがよくある。   グレシャムの法則とアルコホリクス・アノニマス   トム P. Jr.  1976年   オール・アディクツ・アノミマスでは、ストロング・プログラムを実践している。ミディアム・プログラムをやる余地を完全に排除してはいないが、ウィーク・プログラムの実践は全く受け入れていない。   12 ステップ・プログラムを実践する方法は 3 つある。( 1 ) ストロング :強い、オリジナルのやり方。強力な効果があり、かつ有効性は信頼できることが証明されている。 (2) ミディアム :そこそこのやり方。それほど強くもなく、それほど安全でもなく、それほど確実でもなく、それほど良くもないが、まあまあ効果はある。そして (3) ウィーク :全く効果がないことがわかっており、文字通り異端で、嘘の教え、アルコホリクス・アノニマスの創始者たちが明確に定義したプログラムを歪曲し、堕落させたもの。 私は AA のオールド・タイマーとして、 AA の回復プランである 12 ステップに設計されている簡明さ、実用性、深い思想に今なお畏怖を抱いている。 最近、 AA のある友人が、ステップに体現されている霊的原理を、適切かつ簡潔に、以下のように要約した。 1.        無力であることを認める 2.        ハイヤー・パワーへの信頼 3.        神への完全な服従 4.        道徳的な棚卸し 5.        私たちの過ちの本質をありのままに認める 6.        徹底的な変化へのコミットメント 7.        完全性を求める祈り 8.        過ちを正すことへの徹底的な意欲 9.        機会あるたびに

Strong AA by Tom P. 1986年 全訳

  “ STRONG AA” ストロング AA   トム  P. 1986 年 6 月 19 日の AAA ミーティングにおいて   オール・アディクツ・アノニマスは、アルコホリクス・アノニマスのプログラムをあらゆる依存症に援用したものである。アディクトの生き方は、アルコホリク、薬物依存症者、抑うつ依存者、摂食障害者だろうが、さして変わりはない。実のところ、依存物質や状態の違いで人生が変わることはない。簡潔に言うと、オール・アディクツ・アノニマスはそのように考えているグループである。 しかしながら、 AAA の生き方を実践する方法は、いくつかある。アルコホリクス・アノニマス、ギャンブラーズ・アノニマス、ナルコティクス・アノニマス(薬物)、オーバーイーターズ・アノニマス(過食)などの早期から存在する主要なグループでは、当初から最大限の自由が認められていたばかりでなく、むしろ推奨されていた。自分が好きなようにプログラムを実践したらよいとされてきた。 この自由と同時に、メンバーになるための条件も存在した。もともとは、酒をやめたいという「正直な」願いが条件だったが、後になって、酒をやめたいという願いだけに変更された。条件はそれだけになった。 それはプログラムを成功させるための必要条件ではないことは、よく注意したほうが良い。プログラムで成功するための要件はかなり多い。それらはすべて AA ビッグブックの第 5 章に明記されている。これを私たちのグループは 10 のポイントと呼んでいる。それに4つの絶対を加えると、プログラムで成功するための要件が揃うことになる。 プログラムをどう行うかに関しての自由度の高さは、多少なりとも文明的にふるまえる人であれば、ほとんどの人が参加できるという敷居の低さのメリットがあった。同時に、「成功するためには、このプログラムをどのように実行すればよいのか」について、自分で決定するという余地を各自に与えてしまった。 私の場合、この自由さにかこつけて、プログラムの大部分に異論を唱えたために、とんでもない目に遭い、のたうち回り続けた。まずいきなり、神という考え方にぶちあたり、「これは自分には無理だ」と思った。他のAAのメンバーたちは、「興奮するな、気楽にやれ。心を開いて、自分の道を進めばいいんだ」と言った。

Strong AA 要旨

 Strong AA by Tom P. Jr. Tom P.による"Strong AA"という書き物があり、AAAの最重要文献のひとつです。 その要旨は以下です。 リカバリー・グループにいる3種類の人 Strong AA: 霊的体験をし、目覚め、すべてのステップをBBに示されている通りに全身全霊で実践し続ける人。 Medium AA: ステップの一部だけ、自分の気が向くステップだけを中途半端に実践する人。例えば、ステップ1と12だけ、など。これでもソブラエティ(嗜癖行為をやめる)だけは、達成できる。霊的体験はない。 Weak AA: ステップは実践せず、ミーティングに行く(しかも相当な回数行く)、仲間との交流(フェローシップ)をするだけの人。これでもソブラエティ(嗜癖行為をやめる)だけは、達成できる。霊的体験はない。 AAAは、Strong AAの場所です。また、Strong AAを目指す人のための場所です。 Strong AA以外は、絶対に真の回復はできません。 回復(recovery)することと、嗜癖行為をしないこと(sobriety)は別物です。  AAAが目指すのは、Strong AAの実践によって霊的に目覚め、継続的に生き方を変え続け、人格変容し、社会に貢献する人間となることです。